デバイス

iPad Pro でノマドワークがしたくなったので検討した結果(また高まるまで保留!)

@rabirgoです。

「ほぼ日刊」と称してる雑記において、外出先で iPad Air 2 での作業(いわゆるノマドワーク)が割と心地よいので、iPad Pro へのアップグレード(購入)に心が傾いてる話と、現状の私が持っているデバイスについて書きました。

[ほぼ日刊らびるご vol.002]テキスト書くのに適した物理的な環境が必要。iPad がいい感じ@rabirgoです。 ほぼ日刊2日目。続いて作業環境的な話。 突然ですが、これは iPad の drafts というアプリ...
[ほぼ日刊らびるご vol.003]現状のデバイス構成における課題(2019年2月)@rabirgoです。 昨日iPad Proの購入を検討開始すると書きました。 https://rabirgo.net/da...

引き続き日刊で書こうと思ったんですが、長くなったので別ポストにします。
私がやりたいことの整理と、私の中で iPad Pro と競合する製品を書き出してみたいと思います。

ブログ執筆メインとして iPad Pro 11 インチ検討

今 やりたいのは外出先での作業です。それも、作業に集中したいと思ってます。想定している作業は以下の通りです。

  • ブログ執筆
  • 諸々の管理作業(日次レビュー、週次レビューなど)
  • アイデア整理
  • 打ち合わせへの持ち込み

なので何でもできる必要はない…のですが、せっかく買うなら失敗はしたくないし、ホントに iPad Pro が自身の想定する使用に耐えうるのかは事前に調べておきたいところです。

競合となる Macbook (Air/Pro 含む) の検討

将来的にスキルが身につけばやりたいと思ってる以下の作業があります。

  • サーバ管理等 ※ターミナルソフトがあればそこそこできる
  • コーディング ※PC じゃないと厳しそう
  • 画像編集(Photoshop)※iPad Pro でもできる?
  • チラシ的なもの作成(Illustrator)※iPad Pro でもできる?
  • 動画編集(Premier)※Macbook Pro しかできないと思う

外出先で実施するならの話ですが、これらは Macbook Air 及び Pro が望ましいと考えてます。(無印の Macbook は、Macbook Air が発売されたので選択肢としては外します)

現時点で Windows (Surface 系)は考えてません

理由は二つです。

  • Surface Go (SSD) を持っているが、自分には合わなかった(詳細は別途ポスト)
  • 私がブログ執筆等で使いたいと思っているアプリが Apple 寄りな気がする

今後、Windows の需要(仕事をやっていく中で Office など)が自分の中で高まれば買うかもしれませんが、現時点では外します。

購入検討

iPad Pro 11インチ + Smart Keyboard + Apple pencil

iPad Pro セルラーモデル 256GB + Apple Care + Filio + Apple penciliPad Pro セルラーモデル 256GB + Apple Care + Filio + Apple pencil

合計 ¥186,732

(仕様ページより)

高さ:0.59 cm
幅:24.76 cm
奥行き:17.85 cm

(Appleが大好きなんだよ さんより)

Smart Keyboard 込みの重量 765g

小ささと重さはホントに魅力です。バッグを小さくできます。

また、バッテリーの心配があまりないのも、持ち出しの際のストレス軽減に影響します。(13,000mAh のモバイルバッテリーを持ち歩いてるので、いざとなれば充電できる)

問題はキーボードです。Cmd ボタンの入れ替えができないとか Esc キーがないとかいくつかありますが、最も重要なのは入力ソース(英語/日本語)切り替えですね。どの入力ソースを選択しているか分からなくなる問題です。

かな/英数 キーがあれば、これから日本語を書こうと思った時に「かな」を押す癖をつけておけばいいわけですが、1つのキーによるトグルだと、いまどちらが選択されているかを確認してから切り替える必要があります。(iOS ではタスクバーに「あ」が表示されるなどの視覚フィードバックがありません)

分からなくなったら必ず CapsLock を押せばいいかなとも思ったんですが、選択して確定しようとしてリターンキーを押してしまう(リターンは文章の方に入力される)問題が発生しました。入力ソースのウィンドウがフロート表示される時間が長すぎてストレスなんですね。

入力ソース切り替えウィンドウのフロートが長い入力ソース切り替えウィンドウのフロートが長い

この問題を残したまま、iPad Air 2 からの買い替えに 20 万近いお金を出すのは厳しいかなと思えてきました。購入に踏み切れません。

Macbook Air 13 インチ

Macbook Air 13 inch, メモリ16GB, SSD 256GB, Apple Care なし, アダプタ, ケーブルMacbook Air 13 inch, メモリ16GB, SSD 256GB, Apple Care なし, アダプタ, ケーブル

合計 ¥196,992

(仕様ページより)

高さ:0.41~1.56 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.25 kg

金額は iPad Pro と大きく変わらないので、選択肢として有力です。
しかしながら Macbook Air については 11 inch も持ち出さなかったのに 13 inch を運用できるのかという点に尽きます。打ち合わせに持ち込んでも画面を見て頂くのは iPad Pro の方が断然やりやすそうです。

Macbook Air 11 inch で練習してみて行けそうなら、とも思ったんですけど、キーボードが JIS だったり(新規購入するなら US キーボード)、充電環境が違ったりしてあまり参考にならないかなという思いがあります。

使ってる自分がいまいちイメージできず、購入には至りません。

Macbook Pro 13 インチ

Macbook pro 13 inch, メモリ16GB, SSD 256GB, Apple Care なし, アダプタ, ケーブル 金額Macbook pro 13 inch, メモリ16GB, SSD 256GB, Apple Care なし, アダプタ, ケーブル

合計 ¥247,752

(仕様ページより)

高さ:1.49 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.37 kg

発表時に悩みました。でも買うなら来年以降ですね。
自分のスキル(クリエイティブ系)と Face ID の実装待ちというところ。

さいごに

本ポストでの結論は 保留 ですが、3択になりました。
現状維持か、iPad Pro 購入か、Macbook Air 購入か。Macbook Pro は消えました。

すぐ使いそうなユースケースで iPad Pro というのは変わりませんが、数年 使い続けることを想像すると Macbook Air かなという気もしています。

もちろん両方買えればいいのですが、設備投資と考えたとしても両方というのは投資効率が悪い(使いきれない)気がします。

気持ち的に iPad Pro 欲しい熱は高まったままですので、引き続きキーボード問題をリサーチしてみたいと思います。

 

ABOUT ME
rabirgo
うさぎ年(rabbit)おとめ座(virgo)生まれの rabirgo です。 2019年よりフリーランスとして活動しています。 よかったら Twitter フォローお願いします! Follow @rabirgo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です