デバイス

AirPods Pro x Surface Go x Skype =【快適】

AirPods Pro を Surface Go とペアリングして Skype 音声会議に使ってみました。
Surface Go なのはメインの Windows マシンが Surface Go ってだけです。

Apple 製品以外で使うのはイマイチなのかな?と思ってたんですけど、
Windows 10 に接続して使っても快適!だったのでやり方を共有します。

ざっとこんな手順で、まずはペアリングです。躓くこともあるので時間があるときにやっておきましょう

最初にやること(初期設定)
  • AirPods Pro と Surface Go を「ペアリング」
  • Skype で「設定確認」

ペアリングできたら、必要時に使います。

Surface Go(Windows) で使うとき、使ったあと
  • Surface Go で使用するときに「接続」
  • Surface Go での使用が終わったら「切断」
  • iPhone で使う場合は iPhone から「接続」

初期設定から手順を書きおこしておきます。

AirPods Pro と Surface Go を「ペアリング」

まずは AirPods Pro と Surface Go の接続(ペアリング)から。

AirPods Pro をペアリングモードにして、Surface Go とペアリングする必要があります。

最初うまくいかずに試行錯誤したのでベストの手順が分からなくなってしまったんんですが、以下の手順でいいんじゃないかなと思ってます。

Surface Go (Windows 10) 設定 → デバイス → Bluetooth またはその他デバイスを追加する

Bluetooth またはその他のデバイスを追加する

AirPods Pro をペアリングモードにする

以下の手順を参考にします。

Mac、Android デバイス、その他の Bluetooth デバイスに AirPods を設定して、音楽を聴いたり電話したりする方法をご案内します。

2. AirPods を充電ケースに入れた状態で、蓋を開きます。
3. ケースの背面にある設定ボタンを長押しして、ステータスランプが白く点滅するまで押し続けます。

ステータスランプとは、ケースのランプです。充電中に光ってるところ。
白く点滅します。

Surface Go 側で AirPods Pro が表示されたらクリックする

これで Surface Go と AirPods Pro が接続されました。
私としては接続というより「登録」のイメージですけどね。

ちなみに音の拾い方というか、音量は USB 接続のヘッドセットより小さいみたいです。

以下、両方つけてみて音声を発した時の音量ゲージです。

続いて Skype で使えるか?を確認します。

Skype で「設定確認」

Skypeを起動してテスト通話を行います。

細かい手順は割愛します。こちらに画像ありの手順が載ってましたので紹介します。

スカイプの通話音声テストの簡単にご説明します。

マイクとスピーカーの音量を調整。

良好!

Surface Go で使用するときに「接続」

さて、初期設定が終わったら使ってみます。

私の場合、普段は iPhone X とペアリングして使ってます。

なので在宅ワークで Surface Go の Skype を使う場合は、
Surface Go 側で AirPods Pro との接続を「奪う」必要があります。

AirPods (Pro) は iPhone と Surface Go など、2台同時接続はできないようです。
Apple 製品同士だと接続できることもあるようです。

音楽を聴く、電話をかける、Siri を使う。AirPods はどんなことにも使えます。

iPhone と Apple Watch に同時に接続されます。その 2 つの間で自動的に音声が切り替わります。

AirPods Pro と Surface Go を接続する

では、いざ Skype 会議やろうとした時の手順。

iPhone でも Skype 会議できますけど、私は Windows 10 の画面を共有したいので Surface Go(Windows 10 マシン)を使ってます。

Skype 会議が始まる5分前くらいから準備します。

AirPods Pro をケースから取り出して耳に装着

前回 iPhone で使ってた場合は iPhone につながります。

これを Surface Go 側に接続するよう変更します。

Surface Go の設定から Bluetooth デバイスを開く

ペアリングの時と同様です。

「ペアリング済み」は「接続」とは異なるので、ペアリング済みの AirPods Pro をクリックします。

ペアリング済み → 接続済み に変わります。

AirPods Pro と接続される

接続されると「テンテレテン♪」と音がなって Surface Go に接続されたことが確認できます!

もちろん Skype のマイク、イヤホンとして使用できるようになります。

なお、私は以前使ってた USB ヘッドセットは外してます。

Skype 音声通話での音質について

気になる音質ですが、スピーカーとしては悪くないです。

有線の USB ヘッドセットと比べてすごくクリアというわけではありませんが必要十分。ノイズキャンセルも効いてるようです。

多少ノイズが乗ることもありましたが、これは相手の通話品質かもしれないので AirPods Pro だからなのかは判断難しいところ。

でもホントにたまにだったし、聞き直さなくても良いレベルでした。

先方も音はクリアで問題ないとのことでした。良かった!

Skype 音声通話でのバッテリー消費について

1回しかサンプルありませんけど 1時間で 80% くらい消費したようです。

Windows だったから(Apple 製品じゃなかったから)なのかは不明ですが、想定よりバッテリーの減りが早かったですね。

なお、公表されている AirPods Pro の仕様は以下の通りです。

AirPods Pro。アクティブノイズキャンセリング。外部音取り込みモード。カスタマイズできる装着感。AirPods Proの詳しい仕様を紹介します。

1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)3
1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間4

3 iPhone 11 Pro Maxハードウェアおよびリリース前のソフトウェアとペアリングしたAirPods Pro with Wireless Charging Caseの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年10月にAppleが実施したテスト結果によります。オーディオの再生には、iTunes Storeで購入した358の個別のオーディオトラック(256Kbps AACエンコーディング)により構成されたプレイリストを使用しました。音量は50%に設定し、アクティブノイズキャンセリングを有効にしました。アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合の再生時間は最大5時間でした。テストではAirPods Proのバッテリーをフル充電し、片方のAirPods Proが停止するまでオーディオ再生を行いました。バッテリー駆動時間はデバイスの設定、環境、使用方法、その他の多くの要素によって変わります。

4 iPhone 11 Pro Maxハードウェアおよびリリース前のソフトウェアとペアリングしたAirPods Pro with Wireless Charging Caseの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年10月にAppleが実施したテスト結果によります。音量は50%に設定し、アクティブノイズキャンセリングを有効にしました。テストではAirPods Proのバッテリーをフル充電し、片方のAirPods Proが通話音声の再生を停止するまで携帯電話通話を行いました。バッテリー駆動時間はデバイスの設定、環境、使用方法、その他の多くの要素によって変わります

Surface Go での使用が終わったら「切断」

後述の iPhone からの接続を行えばおそらくしなくても良いですが、念のため接続解除しておきます。

クリックすると「切断」ボタンが現れるので切断をクリック。

iPhone で使う場合は iPhone から「接続」

Surface Go で使用した後に iPhone で使おうとした場合は以下の流れです。

AirPods Pro を耳に装着する

ケースから AirPods Pro を取り出して耳に装着します。

Surface Go とも接続されてない場合は装着時の音が鳴りません

iPhone の Bluetooth 設定で AirPods Pro は未接続

Bluetooth 設定を開くと AirPods Pro は「未接続」の表示です。

タップして接続します。

AirPods Pro を押下すると iPhone に接続される

AirPods Pro が「未接続」になってるのでタップします。

「テンテレテン♪」と音がなって接続できたことが確認できます。

Surface Go との接続を解除してたら自動で繋がってくれてると嬉しいのですが、そうもいかないみたい。

でも私としては許容範囲です!

さいごに

使ってた USB 接続のヘッドセットは音質や装着感かなり良かったんですけど、使ってるとケーブルがヨレるのがちょっと面倒でした。たまに外してケーブルのヨレを取るみたいなことやってました。

AirPods Pro も Bluetooth 接続とい一手間はありますけど、Skype 会議が週に1回あるかないかぐらいなので全く問題なしです。
切り替えの頻度が高くなると専用の無線ヘッドセットが欲しくなるかもしれません。

これまで2回ほど iPhone X → Surface Go → iPhone X の接続切り替えを試しましたけど繋がらなくなるなどのトラブルは発生してません。

Surface Go に限らず、Windows マシンでも AirPods Pro 使えないかなと思ってる方の参考になれば幸いです。

ちなみに USB 接続のヘッドセットはこちら。
いまは予備として Surface Go の横に置いてます。

5,000 円ちょいとそこそこの値段しますけど優秀だと思います!
音も良いそうです。

ABOUT ME
rabirgo
うさぎ年(rabbit)おとめ座(virgo)生まれの rabirgo です。 2019年よりフリーランスとして活動しています。 よかったら Twitter フォローお願いします! Follow @rabirgo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です