アプリケーション

【一日一学】第020回:オブジェクトのコピー について学ぶ #これから始めるPhotoshopの本[CC2017対応版]

@rabirgoです。

新しいスキルを手に入れて、積ん読解消して、ブログ1本書いてしまおうという
一日一学です。

今日は「写真に写っているものをコピーしよう」です。

「写真に写っているものをコピーしよう」これから始めるPhotoshopの本 54ページ コピースタンプツール

事前のイメージとしては、投げなわツールとか使って(マウスカチカチしてめんどくさそう)選択して、コピーして貼り付けみたいな手順を想像してましたが違いました。

これは簡単。みてみましょう。

「コピースタンプ」ツールを選択して設定

初めて使ってみます。

スタンプツールを選択スタンプツールを選択

↑のスクショの、一番上のバーの「21」の部分をクリック
直径はわかるけど、謎の「硬さ」の設定・・

スタンプの設定(硬さ?)スタンプの設定(硬さ?)

コピーソースの設定

コピー後が不自然にならないように、左右反転の設定をしておく。

左右反転にしておく左右反転にしておく

コピーソースを複製する

うし・・じゃなくてヤギの鼻あたりを Mac の場合は Option ボタンを押しながらクリックします。すると「この辺からコピーするよ」みたいな設定になります。
(マウスカーソルが変わる様子のスクショ撮れず)

で、コピー先でマウスクリック。鼻から。(スクショ撮れないので iPhone で写真撮影)

コピーしはじめコピーしはじめ
マウスドラッグでスプレーを吹き付けるようにコピーされていくマウスドラッグでスプレーを吹き付けるようにコピーされていく

コピーしたい場所でマウスでドラッグすると、スプレーを吹き付けるようにコピーされていきます。なるほど〜

ヤギ増量ヤギ増量

ヤギが増えた!!チート感半端ない!笑

さいごに

どうでもいいんですが、説明の「ここではヤギの鼻の部分」という文を読むまで完全に牛だと思ってました。。
牛模様のヤギがいるということも学べて幸せです(違)

このスタンプツール、細かいところでは不自然さもあるんですが、あまり気にしなければいいですね。

これもどれくらいできるのか、どういう場面で使えるは経験しながら見極めることになりますが、そこそこ使う機会が多そうな気がします!

いやー、日々スキル上がっていく感が楽しいですね。

これから始めるPhotoshopの本[CC2017対応版] 出版社: 技術評論社 (2017/2/4)

今回のネタ元はこちらです。

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [CC2017対応版]
I&D 宮川 千春 木俣 カイ
技術評論社
売り上げランキング: 147,280
ABOUT ME
rabirgo
うさぎ年(rabbit)おとめ座(virgo)生まれの rabirgo です。 2019年よりフリーランスとして活動しています。 よかったら Twitter フォローお願いします! Follow @rabirgo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。