ソフト

GoogleReader→feedly移行メモ

@rabirgoです。

GoogleReaderからfeedlyに移行したのでメモ。

  • GoogleReader→feedlyへの移行
  • 登録フィードのバックアップ

GoogleReader→feedlyへの移行

welcome to feedly

アクセスすると、このような画面になってるので One-click Google Reader Import をクリックします。(Googleのアカウントを使うらしく、新たにアカウントを作る必要はないようです)

Welcome to feedly

承認画面。

許可のリクエスト

私はGoogleにログインしているブラウザで実施したのでこのような画面になっているのだろうと思います。ログインしてない人はいつものログイン画面でしょう。

しばらくすると作業完了。

Weekend Edition

移行作業は以上。簡単すぎて「アカウントは?これ保存されるの?」と思って調べてしまいました。(先述したようにGoogleアカウントを使ってるようです)

登録フィードのバックアップ

一応、データのバックアップを取っておきます。feedlyが肌に合わないなと思った時に移行しやすくするためです。feedlyがエクスポートに対応してないという記事を読んだので。

ブラウザでGoogleReaderへアクセスし、右上の歯車のアイコンをクリック。

google_reader_setting.png

「リーダーの設定」で次の画面へ。

Google リーダー 498

インポート/エクスポートタブをクリックして、左下の「Download your data through Takeout」をクリック。

Google データエクスポート

サーバー側の処理が終わったようです。バックアップ作業としては、これで終わりではありません。左下のアーカイブを作成をクリック。

スクリーンショット 2013 06 30 12 01

ファイルを保存して終了。私はこのあと、ダウンロードフォルダからDropboxフォルダへ移動しました。

[bash]
$ mv Downloads/your_gmail_account\@gmail.com-takeout.zip Dropbox/share_mac/.
[/bash]

iPhoneアプリはReederを使用する予定

まだ3.1なので使えないようですが、3.2に上がったらFeedlyにも対応するそうです。

The Future of Reeder

  • iPhone版
  • ver. 3.1 – 無料( ニュース )
    Silvio Rizzi

    iPad版Reederはしばらくは使えないそうですね。私はiPadでは使わないから特に困らないですけど…。

    余談:Sylfeedのfeedly対応を望む

    残念ながら、スタンドアロン化したSylfeedは今後使わないでしょう。マルチデバイス環境でのRSSフィードの管理が出来なくなるので。

    Reederは有料の時から使ってみてはいましたが、あまり好きではなくiPhone容量節約のために削除してました。今回再インストール。

    なぜ削除したかは忘れてしまったのですが肌に合わなかったんですよね。Reeder推しの記事が多いのかちょっと不思議だったりします。

    feedlyに対応したSylfeed2などが有料アプリとして出たら買うんですけどね。

    ABOUT ME
    rabirgo
    うさぎ年(rabbit)おとめ座(virgo)生まれの rabirgo です。 2019年よりフリーランスとして活動しています。 よかったら Twitter フォローお願いします! Follow @rabirgo

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。