雑記

クラウドワーカーに大事なのは報連相と実感[ほぼ日刊らびるご vol.194]

@rabirgoです。

最近ブログの更新が滞ってます。一日一学をサボり中。

ちょっと他の作業で手が回ってないのですが
他の作業の中で、初めてクラウドワークスの方を仕事をお願いして1週間経ったので、簡単に所感を記録しておきたいと思います。

クラウドワーカーへの発注内容

今回発注したのは VBA コーディング業務でした。

私は発注企業ではなく私も別ルートで仕事を依頼されているのですが、私が設計書を作成しています。

クラウドワーカーの方へは私から全体の業務内容(全体構成、業務フロー)と個別機能(Excel もしくは Access VBA)の設計書をお渡しして、ソースコードを納品していただくという流れです。

設計書は関数(Sub, Function)構成まで決めてました。
その関数の中で他の Excel ファイルのセルの値を読んで配列変数に格納したり、配列変数から Excel のセルに設定したりです。

ぶっちゃけ自分で作った方が早いくらいまで細かく設計してました。

クラウドワーカーとの契約

今回は3名の方との作業でした。

ワーカーさんは、ざっと 募集→契約内容確認→合意→契約 という流れだそうで、ワーカーの方から見ると応募から契約までは(お盆を挟んだこともあり)数週間がかりだったようです。

契約の日程が決まると、契約自体は日曜までに締結して月〜日まで作業する、ということでした。
また、一度契約すると金曜日に次の週も継続するか決めなければならないとのことでした。

つまり、契約して1週目は月〜木の作業状況で次週も契約を継続するか判断しなければならないということですね。

詳細はまた別記事にしたいと思ってますが、発注会社の人的都合により次週も継続するか否かの判断を求めらたので「まだ成果物は一切みてない」という前提で3名への所感を報告しました。

すると、今回は1名だけが2週目以降も契約継続ということになりました。2名は1週間の作業で契約終了です。

なぜそんな差が出てしまったのか。

報連相は価値

何が違ったかというと、継続となった1名は経験は少なそうでしたがお願いした日報を一日目から出してくれて、作業も少しでも手をつけてくれてたので私から発注企業への報告に「やる気はありそう」と一文付け足したからのようです。

他の2名は日報は週の後半からでした。単純に作業ができずに日報が出せなかっただけかもしれません。
なので、よく質問してくれて経験がありそうとか、あまり反応がないのでまだ分からないとかそんな感じでした。

特にネガティブなことを書いてはいません。
また、3名にそれぞれ3行しか書いてないです。

でも差が出たのはそれだけのようです。

契約継続か終了かがそれぞれで良かったのかは分かりませんが、報連相ってこういうところで差が出て行くんだなと痛感しました。

さいごに

私の場合、状況によりますけど求められなければマメに個別で報告する方ではないです。

「日報とか出す時間が惜しいし情報が分散するから進捗資料に全部書いておいて、更新したら教えて欲しい」みたいな感じなんですよね。

自分で情報を pull しに行く感じ。

でも世の中には push してあげないと見てくれない人がたくさん居て、メールで「日報」という形で送っておくと「やる気がある」と見られるのはお得だなと思えました。

これからの教訓にしておこうと思います。

今日の早寝早起き

当面の目標は 23:00 – 6:00 睡眠、最終的な目標は 22:00 – 5:00 睡眠(2019/06/18 更新)。
AutoSleep のゴールは 7時間に設定してます。(2019/07/15 更新)

ちょっと所用で外出して寝るのが遅くなりました。今日も遅いかも。
睡眠不足がぶり返してます・・

質は悪くなさそう。

ABOUT ME
rabirgo
うさぎ年(rabbit)おとめ座(virgo)生まれの rabirgo です。 2019年よりフリーランスとして活動しています。 よかったら Twitter フォローお願いします! Follow @rabirgo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。